電力の自由化と共に始まるガスの自由化

2016年4月から一般家庭に対する電気の自由化がされますが、それと共に2017年4月からも一般家庭でガスの自由化になる見込みです。
電気とガスというのは、どこの家庭でも生活する上で使用されているエネルギーで、この目的を果たすとその恩恵を蒙る期待が持てます。
例えば、家庭の光熱費の割合が下がる可能性や支払いのしやすさ、その他に通信などとの一緒のサービスを受けられるセット販売が目玉です。
当然、今までが少ない企業が独占状態で供給をしていたこともあるため選択肢が狭まり、消費者としては泣く泣く仕方なく契約していた面もあります。
もちろん、料金を始め、契約内容、サービス内容なども比較的に自由に参入企業が設定できるので、消費者の生活もがらっと変化する可能性を秘めているのです。
ただ変化は消費者にとってより良いものになるか、悪いものになるかは現在のところ解りません。
ただより良くなるとする意見が多い一方で、都心部だけという様に恩恵を受けられる地域が限定されてしまう意見も存在します。
供給体制がうまく噛み合わず、供給できない事態が頻繁に起こる可能性もあるのも不安です。
また地域によっては、今までと比べて割高になる地域も生ずる懸念も指摘されています。
その他、ガスなどは主に賃貸住宅に住んでいる方が利用されることが多いですが、賃貸住宅に住んでいる人でも自由に選択できるかの課題も存在するのです。
そのため、自由化が実現してもそれが定着するためには、ある程度時間がかかる可能性もあります。